医師の考え方によって診断結果が変わる?精神科医に質問【益田裕介先生・発達障害】

益田先生のチャンネルです↓
精神科医がこころの病気を解説するCh

対談動画①

早稲田メンタルクリニック精神科医益田裕介先生に、当事者の情報発信についての意見を聞いてみた【発達障害】

★チャンネル登録はこちら↓↓↓

チャンネル登録&高評価が増えるとやる気が上がります!
ご協力何卒宜しくお願い致します。

☆自身もADHDなどの診断を受けており、二次障害としてうつ病・双極性障害の状態を経験。
精神科などの病院にかかって治療することももちろん大切なことですが、
特性、症状などの理解や自覚をすることと、改善をしていこうという自分の意識がとても大切だという思いから、様々な発達障害や精神疾患の情報発信をしている発達障害バーブラッツの代表【光武オーナー】が【早稲田メンタルクリニックの精神科医益田裕介先生に、発達障害の診断基準など、特に診断ミスなどという意味ではなく、同じ時期の同じ人でも医師や病院によって発達障害などの診断結果が変わること】について質問をしております。

関連動画↓

最近急増している大人の発達障害の診断について【診断基準・困りごとが重要!?】【ADHD・ASD・LD・グレーゾーン】

発達障害は客観性だけで診断できるようにすべきか【主観が入る理由・適応障害・特性・多様性・困りごと・診断基準】【光武オーナーの見解】

【他の多くの障害や病気との診断基準の違い】発達障害特性が強い方が生きやすい、診断が必要ないというケースも多い【ADHD・ASD・兄弟の比較例】

うつ病時の顔つき・表情の特徴【鬱・抑うつ状態・双極性障害】【発達障害】

ぽんこつニュース vol.602

twitter:
・ぽんこつニュース↓

・光武オーナー↓

#Twitter気軽にフォローしてください
#ADHDユーチューバー
#発達障害ユーチューバー
#ADHD #ASD #発達障害
#アスペルガー #自閉症スペクトラム
#ライフハック

音楽引用(フリー音源):
【OtoLogic】https://otologic.jp/
【効果音ラボ】https://soundeffect-lab.info/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP