発達障害児の夏休みの宿題の取り組み方の特徴4選【ADHD・ASD・未来予想と対策も】

表記ミス ✕→②休みの前の数日 〇→②休みの前半の数日

★チャンネル登録はこちら↓↓↓

チャンネル登録&高評価が増えるとやる気が上がります!
ご協力何卒宜しくお願い致します。

☆自身もADHDなどの診断を受けており、二次障害としてうつ病・双極性障害の状態を経験。
今回は【発達障害児の夏休みの宿題の取り組み方の特徴】についての話をしております。
加えて、子供時代の長期休みの課題への取り組み姿勢は、大人になっても変わらない、ないしは大きな影響を及ぼすのではないかという仮説のもと、その未来予想と対策についても話しています。本人だけでなく親御さんへの提案もあります。

精神科などの病院にかかって治療することももちろん大切なことですが、特性、症状などの理解や自覚をすることと、改善をしていこうという自分の意識がとても大切だという思いから、様々な発達障害や精神疾患の情報発信をしています。

光武オーナーの出演するエンタメ系チャンネル↓↓
@ぽんこつ大学【都市伝説・歴史・旅・エンタメチャンネルby光武オーナー】

関連動画↓

ADHDとASDの正反対な特徴の違い5選【発達障害】【アスペルガー・自閉症スペクトラム】

ADHDとASDの混合型(併発型)の複雑さの解説【特性が強い?弱く見られる?】【発達障害・発達障害グレーゾーン】

ADHDとASD(アスペルガー)の片側の特性だけの大人の発達障害者は少ない【発達障害・自己分析・自己理解・混合併発】

嘘つきな発達障害者とは付き合うな【人格障害・過剰適応・ADHD・ASD】

サイコパスとASD(発達障害)の合理性の特徴の違い【仕事の例】【アスペルガー・自閉症スペクトラム】

気付かれにくいが、発達障害特性の強い子供によく見られる特徴4選【ADHD・ASD(アスペルガー)】

サイコパスの長所3選【発達障害やHSPが参考にすべき点も】【トロッコ問題】

自己肯定感の低い大人にオススメする自己肯定感の高め方【必要な3つの過程と苦しみ・簡単ではない】【劣等感/自己理解・自己受容・発達障害】

自己肯定感の高まりとは自分を好きになることではなく、アイデンティティの確立【存在証明】【自己理解・自己受容・発達障害】

一夜漬けはやめよう!【ADHDあるある・発達障害ライフハック】

過集中の解説【ADHDによく見られる特性・発達障害】【ゾーン状態?フロー?全集中?】

擬態という感覚【社会に適応する、溶け込む、紛れ込む】【大人の発達障害・ADHD・ASD・発達障害グレーゾーン】

適応障害やミスマッチを減らすことで、「大人の」発達障害を減らしたい【自己理解】

00:00 発達障害児の夏休みの宿題の取り組み方の特徴
00:41 純ASDに多いタイプ①
02:26 自己理解が出来ていて、合理的で要領が良いタイプ②③
06:24 自己理解が出来ていない、過剰適応で嘘やごまかしが多い、表面は「イイ子」④
07:07 「やったけど家に忘れました」という嘘を言いがち
08:50 この取り組み姿勢は、大人になっても変わらない、大きな影響を及ぼすのでは
10:02 ①への対策、世の中のほとんどは計画通りいかない
12:10 ②③への対策、これからもしっかり自己理解と自己受容を
14:23 ④への対策、自己理解・自己受容・自己肯定をする勇気を持とう

ぽんこつニュース vol.695

twitter:
・ぽんこつニュース↓

・光武オーナー↓

#Twitter気軽にフォローしてください
#ADHDユーチューバー
#発達障害ユーチューバー
#ADHD #ASD #発達障害
#アスペルガー #自閉症スペクトラム
#ライフハック

お仕事関係のご依頼、コラボ等のご連絡はこちらへ↓↓
ponkotsunews@gmail.com
多忙につき、場合によっては返信ができない可能性もあります。

音楽引用(フリー音源):
【OtoLogic】https://otologic.jp/
【効果音ラボ】https://soundeffect-lab.info/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP